FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
母の言葉
2006 / 04 / 25 ( Tue )
私の母は、私と弟の二人を産んでいます。
幸いなことに私が帝王切開で産まれたこと以外は順調に妊娠・出産したそうです。妊娠中もつわりはあったけど、寝込むほどではなく散歩したり編み物したりして気を紛らわせたよ、と言っていました。


なので、私の今回の流産を通して母も私と同じことを考えたそうです。

流産ってけっこう多いことなんだ! と。


私も本当にそれを痛感したんです。
直接的に「私も」という人はまだ妊娠した友人が少ないためあまりいなかったけど、友人の姉やら義姉やらが経験している…という話はかなり聞きました。同じように母もそういう話を多く聞いたんだそうです。電話するたびに「○○さんも流産したことあるんだって・・・」と報告してくれていました(笑)

やっぱり流産を経験した人が無事その後に出産している話ってすごく励みになるから。母もそれをわかって教えてくれていたようです。

妊娠のことをだれかれと早い段階でしゃべってしまった私なんですが、同じく母もしゃべってしまっていたようで(笑)流産後に「おめでとう!」といわれて「いや~実はダメだったのよー」という会話が繰り返されたらしく、その時に「実は私も昔ね」という流れになったそうです。母も長い付き合いの友達でも、知らなかったそうでやっぱりきっかけがないならわざわざする話じゃないからでしょうね。

母の友達は私の手術に夫が仕事を休んで付き添ってくれたという話を聞くと「なんてやさしい旦那さん!うちなんて私一人で病院行って手術受けて、帰りにスーパーで買いものして帰ったわよ!いい旦那さんねーー!」とうらやましがってたらしいです(笑)
やっぱり母の年代だとそんな感じなんでしょうか。夫の叔母さんも臨月まで畑仕事してたとかいってたしなぁ。タフだなあ!
もちろんその母の友人は3人子供を産んでおります。たぶん間で流産したんだろうと思われます。

私が流産の手術をするとき、父や父のほうの祖母たちは母に「ピーニャのところにいってあげなさい!」と言ったらしいんですが、母は来ませんでした。

「あなたが来てほしいならもちろん飛んで行くけど
できればこれは夫婦ふたりで乗り越えてほしい。
これからもっともっとつらいこともあると思うから
一つ一つ二人で協力して乗り越えていってほしいと思ってる。」

と、母は言いました。
私も心配はあったけど寝込むような手術じゃないとわかっていたので「こなくていい」と断りました。

夫も同じ気持ちでした。

今もこれでよかったと思っています。
それでも毎日心配して電話してくれていたんだけどね(^^)
術後でもなにかあればすぐに行くよ!と言ってくれていたその気持ちだけで十分支えになりました。今は離れているけどすぐに来てくれるっていう感覚だけで。

一ヵ月くらい後に母が仕事の用事で関西に来ることがあり、うちによってくれました。もう体調は万全だったし、気持ちもかなり落ち着いていたので二人で京都見物したりして楽しく過ごせたのですが、母が実家に戻った後の電話で「なんとなく元気がなかったね」といっていたのです。
私はまったくそんな自覚がなかったし、夫に聞いても「そうかな?」といっていたんですが(笑)やっぱり離れているからこそ久しぶりに見てわかるような感覚だったのかと思います。
「まだ1ヶ月なんだもんね、すぐに元通りじゃないよね」といってくれたのがちょっとぐっときました。早く元通りに!ってあせりすぎてたかなーと。自分でも忘れていたけど、まだ1ヶ月しか経ってないんだなって。早く元通りになるために、今はゆーーーっくりしてやろう!とそのときから思いました。

…とはいえ、さすがに今はもうなんともないはずなのであんまりゆっくりしてるのもなぁと思う今日この頃ですが・・・
スポンサーサイト

テーマ:流産後のこと - ジャンル:結婚・家庭生活

18 : 27 : 23 | 流産 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
流産後に変わったこと。
2006 / 04 / 24 ( Mon )
妊娠・流産を経験後に変わったこと・・・

細かいところでは
・すごく弱いのにお酒を飲みたくなった
・コーヒーを飲むようになった
・健康に興味が出た!
・「今できること」を考えるようになった

てな感じでしょうか。

お酒はもともと好きだったんですが、とにかく缶ビールも飲んでしまえないくらい弱いので普段そんなに飲むほうではなかったんです。しかしー、妊娠中に我慢していたのと流産のストレス(?)で無性に飲みたくなって(笑)
寒い日は梅酒のお湯割りとかをちびちびと飲んでました。ぐいっといけるものならいきたいんですけどね~酔っ払っちゃうんで(^_^;)

コーヒーも似たような感じで、元々は大の紅茶党でコーヒーはほっとんど飲まなかったんですがなぜか流産後飲みたくなりました。カフェインに飢えてたのかもしれないですね。チョコレートも貪り食ってましたから(笑)

健康に関しては今まであんまり興味がなかったんですが、妊娠してから今まで以上に便秘がひどくなり・・・この冬は寒かったので冷え性もきつくて、こりゃいかんな~と痛感したんです。しかも妊娠中は薬を飲めないのでなるべくなら妊娠していないときにきっちり体質改善しておこうかな!という意識が芽生えました。
もちろん体型についても(´Д`;)
さっすがにこれじゃいかんなーと思って・・・。
妊娠中はそれで頭がいっぱいいっぱい、どこまで運動していいやらなにしていいやら~?だったので、今のうちにダイエットなり、運動なりして体力つけておこうかなと思っています。

「今やれること」というのも連動しているかも。
妊娠して、流産して、だからこそわかるいろいろなこと。
妊娠に備えて「今できること」。妊娠後に備えて「今やれること」。
そういうことがあるかなぁ、と考えています。

お金を貯めたりもそうだけど、精神的なこととか知識とか色々。
すごく曖昧なんだけど・・・。

あ、基礎体温も測り始めました。
恥ずかしながら今まで測ったことがなくて!
やっぱり流産後はちゃんと排卵してるかと気になりだしたので付けてみることにしました。・・・けど

難しいですね~。
どうしても3日に1回は忘れてしまうんですよね。
お弁当作らなきゃ!とそのまま起きてしまう(笑)
なので一応グラフを付けているけど、はっきりとは排卵はわからず・・・。
でも流産後一ヶ月は全然ちゃんとしたグラフにはなってなかったけど、先月くらいから高温期と低温期がわかれるようになりました。こんなにも温度差があるのか!とびっくりしました(笑)
先月は初めて温度が下がった日に生理が来て、これも驚きました。
人間ってすごい!

こんな程度ですが一応続いています。
全体的に生活が妊娠重視にシフトしてる感じですねー。

テーマ:流産後のこと - ジャンル:結婚・家庭生活

16 : 39 : 48 | 流産 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
やっぱりショックだったこと。
2006 / 04 / 19 ( Wed )
【2006年1月後半~現在まで】

やっぱり、流産後はしばらく情緒不安定になっていました。
日常はなんともなくすごしていますが、ささいなことで夫にくってかかったり、しかもケンカするとすぐに泣いていました。今まで私のポリシーとして「女が泣くと男は問答無用に折れるから男の前では泣きたくない!」というのがあり(笑)夫の前でもあまり泣いたことはありませんでした。
(だって、泣いたっていうだけでちゃんと理解してないのに謝られたりするのってなんかむかつきません??)

けど、ケンカするとわーわー言っているうちに涙声になり・・・そのうちぐしゃぐしゃになるほど泣いていてしかもなぜか結論は私が仕事をしてないからいけないんだ!とか流産したからなんだ!とかいうことに(笑)今思えば笑えるけどそのときはほんとにすべての元凶がそこにあるような気がしていましたから。

基本的に涙もろくなっていたような気がします。
やっぱりナーバスになっていたなぁ・・・。

不思議なのは、流産する前から妊娠がわかっていた友達の経過報告を聞くのはまったく苦痛じゃなかったこと。たまたま同級生や同い年の従姉妹が私より少し早くに妊娠していて(4人ほどいます)ぼちぼち臨月とか、性別がわかってきたころなんですがそういう子たちには私のほうから「性別わかった?」とか「臨月ちかいよねー?」とかメールを打ったりしています。なんだか、ちっともツライとかいう感情はなくて、逆に心配だったり愛おしかったりするんです。
向こうはたぶん気を使ってくれていて、向こうから経過報告をしてくることはないですが、私が聞いたメールにはいつもどおりの感じで返信してくれています。私の体も気遣ってくれたり。それもとても素直に受け止められています。

でも、ちょっとひっかかるのが流産後に知った友達の妊娠。または芸能人の妊娠(笑)紀子様とかも確か流産直後だったのでちょっとショックでした。予定日も近かったし。あと、普段ほとんど連絡とっていなかった友達から「今6ヶ月なんだよ~!」という明るいメールが来たとき(笑)
ショックというか・・・正直「やめてくれ~」という感じでしょうか。
なんでなんだろう。やっぱり知ってた人は覚悟が出来てるけど、新しく知った人には免疫がないからなのかな?うらやましいっていう気持ちも確かにあると思うし・・・。向こうは何も知らないだけにすっごく明るいし(^_^;)でも、そんな幸せそうな人に「実は私流産したばっかりなんだよね」っていうのも大人げないよね?とりあえず「よかったねー楽しみだね!」という内容のメールを送っておきました。

まあ、そんな感じだったんですが、つい最近・・・
お正月に地元で久々に会った友達からメールがきたんですが、他の友達の近況報告とともに「ピーニャはあれから子供はできたの?」という文章が。

・・・いや、あのう。
あなたが一応医療関係者なだけに信じてた私が馬鹿でした(笑)
医療関係とはいえ、外科系だからやっぱ産婦人科とかは専門外なんだろうね。私が今流産から3ヶ月ってのは知ってるはずだもんね。慎重なお医者様なら3ヶ月は様子見てねって言ったりするもんなんだけどな。さすがにそんなすぐにできないだろうよーーーーーーーー。

と、いいたい気持ちでいっぱいでした(^_^;)
とりあえずは「今がんばってるところよー」と返しておいたけど…。

専門知識はしょうがないとしても、そういう一言がプレッシャーになるってのは知識よりも気持ちの問題でわかると思うんだけど…。こういうのってすっごく典型的な話だけど、やっぱりかなり打撃をうけるんだな~としみじみ思いました。一瞬目を疑ったもの!
まあ、身内から出た言葉じゃないだけプレッシャーは感じなかったけど。しょせんは数年に一回しか会わない友達よ!平気平気!本人はまったく気にしてないみたいだから流しておけばいいのよね。

と、意外と時間が経ってから痛恨の一発がきたというお話でした。
直後のほうが腫れ物に触る扱いだからショックな出来事は少ないのかな?

テーマ:赤ちゃんが欲しい - ジャンル:結婚・家庭生活

04 : 11 : 05 | 流産 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
周りへの流産の報告
2006 / 04 / 14 ( Fri )
流産して一番つらいのってこれじゃないでしょうか。
私は一番つらかったです。

自分が流産した事実より、妊娠を喜んでくれていろいろ心配してくれていた周りへ流産を報告することが本当につらかった。

またねぇ、私がアホなのでかなり早い段階で嬉しがっていろんな人に報告しちゃってたものだから人数も多くて(^_^;) 今まで別にブログをやっていたんで、そっちにも更新が滞るようになったため結局10週くらいのときに報告書いちゃったりして。ネット友達もみんな喜んでくれたんだけどねー。

以前書いたけど、年明けに同級生の結婚式があったのでそれに参列したんだけど、実家の隣県だったので友達の車に乗り合わせてホテルに一泊したんです。なので事前に言っておいた方がいいと思って妊娠のことも話していたので、みんな本当に気を使ってくれて。階段すら上らせてくれませんでした(笑)

そんな友人たちにはまずメールで報告。
時期は・・・術後から1週間後くらいだったでしょうか。
幸いなことに(?)友人たちは全員医療関係者だったので軽く流産の説明を書いただけで「今回は運が悪かったんだよね。次は大丈夫だよ!」と暖かい励ましを返してくれました。しかも4人中3人から「うちの姉も流産したことがあるけど今は○人の子持ちだよ」という話が聞けました。
本当にびっくりです。
でもうれしかった。流産を経験した人が元気にまた子供を産んだっていう話はとても励みになります。先生から母体のせいじゃないって言われても・・・遺伝的なものでもないっていわれても・・・次もまた流産するんじゃないかっていう不安がつきまとうので。
よく、昼ドラとかで「あの流産のせいで子供ができない体に!」とかいうでしょ(笑)影響受けすぎだし、信じてはいないけどやっぱああいうのってどこか頭にあって不安だよねー。この辺はまだ心に凹みがあるのかなーとか思います。普段は気づかないけど。

そのほかの人たちへの報告は・・・

続きを読む

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

16 : 40 : 10 | 流産 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
流産直後の気持ち
2006 / 04 / 11 ( Tue )
【2006年1月頃】

手術後、帰宅してからは夫のすすめもあり、爆睡しました。
まだ麻酔が残っていたしね。
先生からは翌日の朝診察に来て、それから3日安静にすればいいといわれていました。安静といっても寝ておけというわけではなく、無理な運動や外出を避けるだけで、家事などは普通にやってもいいということ。
私が行った産婦人科の先生はわりとなんでもOKを出してくれる先生でした。術後のこともそうだし、流産後の子作りについても。よくネットでは3ヶ月は様子を見て、と書いてありますが私の先生は「そういう話もよくありますけど出血がおさまれば特に制限はありませんよ。気持ちの問題のほうが大きいので、体は大丈夫です。すぐに子作りを再開されてもいいですよ。ここだけの話、流産の手術のすぐは妊娠しやすかったりするんですよ」とおっしゃっていました。

なんだかすごく温かみのある言葉で安心しました。いつもいつも明るく話をしてくださる先生で、私が早く立ち直れたのはこの先生のおかげといっても過言ではないです(^^)

先生の言葉を信じて、体調がよければなるべく普通の生活をするようにこころがけました。もちろん出血はありましたが、通常の生理くらいでした。術後の診察でも問題はなくて。薬は追加されましたが(子宮内に残ったものを排出させるための子宮収縮剤です)経過は良いということで。

確か、5日くらいしたら夫と二人で外出したりしていたような気がします。出血は10日くらい続いたかなぁ。腹痛も生理痛の軽い程度でした。

体はそんな具合でした。
精神的には・・・

続きを読む

テーマ:赤ちゃんが欲しい - ジャンル:結婚・家庭生活

16 : 47 : 21 | 流産 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。